MENU

人との距離感がわからない人に伝えたい、たった一つの言葉

人との距離感

MASAです。人の距離感がわからない。そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

僕も人との距離感で随分と悩まされましたが、自分のなかで「とある決まりごと」をしたことで人との距離感で悩むことが減りました

今回は人との距離感について僕なりの距離の取り方を解説していきます。

目次

人との距離感にお悩みのご質問

人との距離感がわかりません。そのことで毎日眠れません。どうしたらよいのでしょうか?

他人との関係に、完璧なまでのちょうどよい距離感なんてものはほとんど存在しない。他人に何かを求めることはやめて、自分で自分の住みやすい居場所を作りなさい。あるいは距離を置くこと。

僕からの答えはこちらです。ただこのように伝えるのには、自身でこんな経験をしたからです。

人との距離感がわからない人へ実例を紹介

僕にはAさんという友達がいました。僕とAさんはとても仲が良く、ご飯を一緒に食べに行ったりする仲です。

しかしあるとき、それを快く思わないBさんが現れ、「彼とは付き合わないほうがいいよ、あいつ性格悪いから」と嘘をつかれたことにより、「あ、やだな」と危機を感じたAさんが離れていく。

これ現実にあった話です。

まあ僕の性格が悪いかは別として(笑)、悔しいけど僕はAさんに、「そんなこと言うBさんと付き合うな」とは言えません。誰と付き合おうが、決定権はAさんなので。

だから僕は自分の居場所は自分でつくるしかないと、あらためて感じ、自分から離れていくことにしました。

去る者は追わず来る者は拒まず

もう一度言いますね。

去る者は追わず来る者は拒まず

この精神がとても大切です。

実際にそう心に強く決めたことで、人との距離感に苦しまなくなりました。

相手に気を使うのが悪いとは思わないですが、自分の心に負担がかかるような気の使い方はやめようと思った。

自分自身を大切にしようと思い直したのです。

人との距離感・職場編

人との距離感で一番悩むのが職場関係ではないでしょうか。自分とはあわない上司や部下、同僚や後輩、あるいは取引先など、人との距離感で悩む人は後を絶たない印象です。

行きたくもない無駄な飲み会に付き合わされ、ようやく解放されたと思ったら終電間近。翌日も仕事なのに心も体もボロボロっていう人、僕は何人もみてきました。要は心からホッと一息つける時間を確保できることができない人が多いですよね。

自分と性格が合わない上司や部下、同僚と長時間一緒にすごすわけですから、それはストレスもたまります。

では職場での人との距離感はどのようにしたらよいのか。

  • 距離感の合わない人と接するときのみ、その人のペースに合わせる
  • 自分は自分と割り切って、極力一人で行動する

どちらにも共通しているのが「開き直り」です。

え?何言ってんの?そう感じた人も多いかと思いますが、この開き直ることってとても大切で、「もうどうなってもいいや」と思うことで案外どんな行動でもできてしまうものです。

職場で働くということは大勢の人とのチームプレイが大切なときもあります。ただ自分自身が苦しいのに無理にその環境に身を置いていても、あなたのメンタルが病んでいくだけです。

しかし生活もあるので簡単には退職できない人も多いのが現実。そんなときだからこそ、「開き直り作戦」がとても役に立つのです。

人との距離感・友人知人編

これはあくまでも僕の場合ですが、「気持ちが合わない人とは付き合わない」と決めたほうがさっぱりして気持ちがいいので、そうしています。

仕事ではないので、自分が嫌だなと思う人と無理に付き合う必要性はありません。

いくら友人知人でも「ずっと友達」とはいかないもの。人間には妬みからくる嫌がらせもあるわけで、そうなると

信頼関係も一瞬にして崩れてしまいます。

だからほんと、人間関係って難しいと思うし、答えのない迷路をグルグルと周回しているようなもの。

友人知人との距離感で悩み、心の病気になる人も実は多いのです。このような病状が深くなる前に、気持ちが合わない人とは付き合わないと自分で決めたほうが心が楽になれます。

人との距離感についてMASAからのアドバイス

人との距離感アドバイス

①自分のメンタルがキツイなと感じるようになったら、一度その環境から距離を置くことも大切。

②開き直り作戦を取り入れる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サンドアートクリエイターMASAです。人間関係の不安など明日を生き抜くためのヒントを書きなぐっています。

目次